便秘と病気との関係

便秘と病気との関係

便秘が慢性化すると、さまざまな病気を引き起こす原因になると言われています。

 

便秘で便が硬くなると、排便時に肛門に痛みが感じられ、痔になることがあります。
痔は、便秘が解消されることで、改善されると言われています。

 

口臭がひどい人は、腸内に便がたまり、
悪玉菌が多いことが原因で、口から便臭がすることもあります。

 

私たち日本人は、腸の長さが外国人と比較すると長いと言われており、
そのことが便秘を引き起こしやすく、便秘は国民の4人に

 

1人がかかっていると言われているぐらいですから、
もはや便秘は国民病と言ったほうが良いのかもしれません。

 

便秘の原因をつきとめて、便秘による二次的な症状や病気を未然に防ぐには、
まずはふだんの生活習慣や食生活をしっかり引き締めることから始めるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る